コーヒーダイエット 方法 効果 やり方

コーヒーダイエットとは?

コーヒーダイエットとは、読んで字のごとくですが、コーヒーを飲んでダイエットをする方法です。

 

コーヒーを飲むと代謝がアップするので、
食事前、運動前、入浴前などに飲む方法が用いられています。

 

また、食後にコーヒーを飲むと、脂肪の蓄積を抑えてくれます。

 

特に炭水化物の多い食事の後にコーヒーを飲むと脂肪を溜めこまない効果があるとされています。

 

コーヒーダイエットに使うコーヒーは、
体を温めて代謝を上げるという意味でもアイスコーヒーでは無く、
ホットコーヒーを飲みます。

 

多くのコーヒーダイエットでは、砂糖やミルクを入れないブラックコーヒーでダイエットするのが主流です。

 

ブラックコーヒーを食前に飲むと胃が荒れるなどの症状がでる方もいますので、
低脂肪乳やスキムミルクなど脂肪分が低いミルクを加えてカフェオレにするのも良いかと思います。

 

ポーションミルクはカロリーが高いのであまりお勧めできません。

 

ミルクは胃が荒れるのを防ぐ効果がありますが、
砂糖に関しては、胃が荒れることとは何ら関係ありませんので、
ダイエットの場合は抜いた方がいいでしょう。

 

ダイエット甘味料は、体外に排出されますので、加えるのは、問題ないです。

 

実際に多くの人がコーヒーダイエットを実践して、効果を体感しています。

コーヒーダイエットのやり方・効果・方法をご紹介!